除湿機はエコ家電の中で重要な存在

除湿機もエコ家電の中で重要ます商品です。

湿気のこもりやすい場所というのは家の中に必ずあります。そんなところに除湿機を置くと、家の中の空気もか成り代わってきます。除湿機は意外と延期を喰うモノです。エコ家電であれば、かなり電気代を抑えることが可能です。最近は除湿器の多くがエコ家電になりました。家電量販店に行けば数多くの除湿機が並べられています。注意しないと行けないのは、除湿した水をためておくタンクの容量です。小さなモノだとすぐに一杯になりかねません。

もちろん、余り大きなモノだと、持ち運びも大変です。その当たりをよく考えて購入することだと思います。又最近では除湿機能だけでなく衣類の乾燥機能の付いたモノも増えています。共働きが多くなり、室内干しで衣類を乾かす人が増えているからだと考えます。一番最初に何処で使うかを決めることです。次に除湿方式の違いを確かめると良いでしょう。コンプレッサータイプなのか、デシカント方式なのかで内容は大きく変わります。コンプレッサー式は、レイソウコと同じようにそれなりの騒音がでますが、出時間と方式は冷媒を使用しないので軽くて持ち運びが便利です。ただしヒーターを使用するので、室温を上げてしまうと言うほか、消費電力も高くなります。コンプレッサー方式は夏場の使用に威力を発揮しますし、デシカント方式は年中使用することが可能です。

ランニングコストだけをを考えるとコンプレッサー方式はデシカント方式のおよそ半分だと言われています。エコ家電として考えればコンプレッサー式の方が優れていると思います。もちろんそれぞれにエコ家電は存在するので、使用目的に応じて購入っするの外衣と思います。でしょう。コンプレッサー式で200Wを切る程度、デシカント式では300W前後ぐらいのモノが多いようです。一般家庭における一時間当たりで考えると、コンプレッサ式が4円前後、デシカント式が7円前後となるようです。もちろん、電気代だけでは判断の基準には成らないでしょうが、およそそれぐらいの金額が必要になります。

Copyright (C)2017除湿機はエコ家電の中で重要な存在.All rights reserved.