除湿機はエコ家電の中で重要な存在

エコ家電としての除湿機の働き

私は洗濯物を乾かしたい時には除湿機を主に使います。夏は外で干すのですが、それ以外の季節は室内で干しているからです。なぜ、室内で干すことが多いのかというと、私の住む地域は天候に恵まれていないからです。春は花粉、秋、冬はもう寒くて外に干したところで、一向に乾く気配はないのです。なので、室内で干すことがとても多いです。除湿機を買ったときは、エコ家電であるという宣伝に踊らされて購入してしまいました。今考えると、どこがエコなのかわからないのですが、空気環境にはとても優しい気がします。大気汚染に直接的に繋がるような物質や粒子を放出しないところがエコなのかもしれません。今使用している除湿機は今年で5年目に突入します。新生活が始まった時から一緒に生活している相棒です。

この5年間全く問題なく使用することができたことが奇跡なんじゃないでしょうか。その使い方で気をつけていることが1つあります。それは、定期的に掃除をしてあげるということです。どこを掃除するのかとういと、それは、フィルターです。エアコンなどにもついていますよね。それが除湿機にもついているので掃除をしてあげます。もし、掃除を怠ってしまったらどうなってしまうのか。それは、機能性が低下します。フィルターについたホコリが邪魔になって、なかなか乾燥させにくくなってしまうのです。それによって、無駄に電気代を課されてしまうため、エコではなくなってしまうのです。ゆえに、掃除は定期的にやりましょう。

Copyright (C)2017除湿機はエコ家電の中で重要な存在.All rights reserved.