除湿機はエコ家電の中で重要な存在

エコ家電の除湿機で乗り切る夏。

梅雨時から夏場にかけて日本ではじめっとした高温多湿になります。屋外のみならず、屋内にも湿気は入ってくるので雨が降って洗濯物を外に干せないという場合に室内干しをせざるを得ない状況に。湿度が高い部屋で洗濯物を干すと、部屋干し特有の異臭を発します。この特有の匂いは部屋干しでも湿度を下げると抑えることができます。エアコンも消費電力を抑えて省エネかが進んでいますが、エコ家電の中でも除湿機を有効に使うことで湿度を下げることができます。

エコ家電の除湿機ですが、夏場にパワフルに除湿をするのであればコンプレッサー方式の除湿機を使うのが効果的です。夏場にパワフルに働くコンプレッサー方式の除湿器が冬場に弱いのに対しデシカント方式の除湿機は冬場の低温時期でも有効です。このデシカント方式とハイブリット方式の両方を採用しているのがハイブリット方式の除湿機で夏場はコンプレッサー方式で冬場はデシカント方式と1台で2役こなします。ただ、夏場に関して言えば、コンプレッサー方式がハイブリット方式の除湿機が有効です。エアコンの性能も上がっていますが、室温も高く、湿度も高くなる時期は除湿をしながらエアコンで室内を冷やす方が効果的に湿度も、室温も下げることができ、さらに消費電力も抑えることが可能です。ある程度湿度が下がったら除湿機を停止し、エアコンのみにするか、最近の除湿機ですと、冷風を発するものもあるので、エアコンを停止してエアコンのみということもできます。

Copyright (C)2017除湿機はエコ家電の中で重要な存在.All rights reserved.